· 

忘れないうちにソウル旅行の話その2

今回の旅行の一番の目的は冬のソナタのロケ地に行くことでした。

 

冬ソナが日本中で大フィーバーしていた頃は、全く見向きもせず、知らんぷり。

それが今は韓流オタク。

 

ソウルへ行くときはいつもドラマのロケ地には行くようにしていて、

歴史物だったらドラミアまで行くし、

現代ドラマだったら、撮影で使っていたカフェや町並みを同じように歩いてみたりしている。

冬ソナのロケ地はソウル市内の高校には行ったけれどそこまで。

今回はとても綺麗だというあのファーストキスの場所に、そしてそこで雪だるまを作ろうということになり行ってきた。

 

ロケ地となった南怡島はソウルから北東へ50キロのところにある田舎というか自然がいっぱいのところ。

島といっても海に浮かぶ島ではなく、川の中にある小さな島。

大ブームの時は日本人だらけで、島に渡るフェリーに乗ることが大変だったらしい。

姉と姉の友達と3人、電車を乗り継いで行くつもりだったけれど、

ディスカウントしたバスツアーを見つけたのでそれで行くことにした。

 

英語と日本語が話せるガイドさんで、日本人よりもフィリピン人が多いツアー。

南怡島までノンストップで行き、チケットを渡されそれから3時間ばかり自由時間。

食事はガイドさんがお世話もしてくれいたけれど、島の中にレストランもあるので食事無しの方にした。

 

こんな船に乗って。

南怡島へ入国します!と言ってました。

歩いて回れる小さな島。

船から降りるといきなりあの雪だるまがお迎え。

地図を見ながらまずはファーストキスのロケ地へ。

日本人は私たちだけ。

貸切に近い状態でした。

雪は降っていないのに、ちゃんと撮影用に雪だるまがセットされていました!

撮影タイムが終わってから島をぐるっと歩きました。

とても寒くて水は凍っています。

夏はキャンプなどで賑わうところらしいです。

自然を大事にしたとても素晴らしい島でした。

野生のウサギ。

慣れているようです。

この並木道のところだけ観光客のために人工雪を降らせていました。

写真を見るとヨン様もチェジウも若いよね。

島のあちこちにロケをした名残があります。

絵になる二人ですね。

 

この後、プチフランス村というところに向かいました。

グンちゃんのベートーベンウィルスというドラマやキムスヒョンとチョンジヒョンの星からきたあなたのロケ地になったところです。

ヒョンビンとハジウォンのシークレットガーデンもここで撮っていました。

いつも遊びネタばかりですみません。

予約はこちらから

友だち追加

                  鍼灸サロン

おりお りとりーと かにん

 

〒807-0825

福岡県北九州市八幡西区折尾3ー1ー37

Tel:070-3140-3638

 

http://www.retreatkanin.com

ORIO RETREAT KANIN のInstagram!